高齢化社会を迎える日本にとって、避けて通れないのが介護問題です。

先進国の中でも福祉分野への対策が後手に回っていると指摘される日本。

その特徴として高齢者同士が介護をしなければならない「老々介護」や、親の介護のために仕事をやめなければいけない働き世代による介護離職、さらに独身の子どもが親の介護を行うシングル介護など、介護問題を軸にした生活基盤(特に収入面)の崩壊が問題視されています。

また生活スタイルの多様化に伴い、家庭によって異なる介護問題に直面しています。

このような介護問題が浮き彫りになっている日本では、介護に従事する人材の育成と確保が早急に求められているのです。

介護福祉士などはこのような福祉サービスを充実させるためには、なくてはならない人材です。また介護は高齢者だけでなく、障がい者など仕事内容は多岐にわたります。

以前のように介護施設があればいいというわけではなく、介護を受ける人やそれを支える家族に順応したサービスが介護業界には求められています。

そのため介護福祉士であれば、ただ介護技術があればいいわけではなく、介護に対する幅広い知識と対応力が求められているのです。

では介護の専門家として、知識、技術、そして高い応用力を身に着けるにはどうすればいいのでしょうか。

国家資格「介護福祉士」とはどのような仕事なのか、受験するにはどうすればいいのか、資格取得について詳しくご紹介します。

いろいろある介護の資格

常に人手不足が伝えられる介護業界で、あなたが有利に働くにはどういった資格が有効でしょうか?

また手始めに何の勉強をして、何の資格を取れば良いのでしょうか?

「介護の資格を取ろう」では介護業界で求められている資格をご紹介していきます。

・介護職員初任研修

・介護職員実務者研修

・介護福祉士

・ケアマネージャー

を取得するためには、どのよな勉強をすればよいのか、効率よく資格を取得するための方法などをご紹介していきます。

またこれらの資格を持っているとどういった待遇でどういた仕事ができるのかについても解説していきます。

高齢化が進行し続ける日本において、慢性的に人手不足の介護業界は、今後さらに売り手市場になることが考えられます。

今の仕事に不安がある方、将来が不安な方、何の仕事すれば良いか迷っている方がいれば、まずは介護の世界を知ってみてはいかがでしょうか?

介護職員初任研修

難易度

難易度★☆☆☆☆

旧ヘルパー2級に変わる、これから介護者を目指す人向けの資格です。

介護初任者研修の難易度は、それほど高くありませんが、ヘルパー2級と異なる点は講座を修了するだけでは資格を取得できなくなったことです。

超高齢化社会を迎える、これからの介護業界の質を高めることを目的にした資格なので、研修後に筆記試験を受けます。

合格率

研修の受講者数と合否数について、正確なデーター公表がないため合格率は不明です。

準備期間

介護初任者研修は、(1)通信+通学または、(2)通学で受講します。通信教育だけでは資格取得が出来ないので注意が必要です。

(1)通信+通学の場合

学習時間は約130時間です。内訳は自宅学習40時間とスクーリング90時間です。

スクーリング期間は約16日(講座により異なる)で、講座をすべて修了するには約3~4か月です。

希望者は実習を行えますが、実習を行った場合は終了まで4か月以上かかります。

(2)通学の場合

通信制と比べて、講師から直接学べるのが通学の最も大きなメリットです。

講義と演習を合わせて130時間のカリキュラムが組まれています。スクールにより異なりますが、修了まで4か月~、早ければ2か月程です。

将来性

資格はないけど介護職として働きたい、そんな人のために介護職の間口を広げてくれている資格です。

しっかり勉強をして仕事に臨むことで、やりがいをもって働くことができます。

仕事内容

介護の特徴は、勤める場所によって仕事内容に差はありますが、介護の一番根本的な部分は人に接する仕事ということです。

相手に立場に立ったケアを求められますが、一方的な介護ではなく、その人らしい生活を送るための援助支援が求められます。

基本的なこととしては、食事介助・排せつ介助・更衣・入浴介助など生活に密接した補助業務です。また医療ケアを行えますので、「痰の吸引」業務も加わっています。

介護職員実務者研修

難易度

難易度★★☆☆☆

介護初任者研修と混同してしまう人もいますが、介護職員実務者研修は異なる資格です。

介護職員実務者研修は介護初任者研修よりも上で、より実務的な内容を勉強します。そのため知識と技術は介護初任者研修よりも充実しています。

旧ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修に相当する資格です。

また資格を取得した場合は施設などでのサービス提供責任者やそれに準じた職種に就くことも可能なので、初任者研修に比べると給料アップも期待できます。

実務者研修を取得する最大のメリットは国家資格である介護福祉士の受験資格を得られることです。つまりキャリアアップを目指せるのです。

介護職員として上を目指すなら、必ず取得するべき資格です。(介護福祉士を目指す場合は、所定の実務経験が必要となります。)

合格率

研修の受講者数と合否数について、正確なデーター公表がないため合格率は不明です。

準備期間

無資格で介護職員実務者研修を目指す場合は、修了まで約6か月です。

また所持資格(各ホームヘルパー、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修)に応じて受講時間・受講料、実務者研修での免除科目が異なります。

将来性(オススメ度)

介護職の中で、唯一の国家資格である介護福祉士を受験するためには、必要な資格です。

また介護現場で「たん吸引」と「経管栄養」の医療行為を行うための知識を得ることもできます。

介護としてスキルアップを目指せるので、オススメの資格です。

仕事内容

介護職員初任者研修に比べて、より専門性の高い資格なので、より専門的な仕事を任されます。

ヘルパーや介護職員を取りまとめるサービス提供責任者として職場内のワークバランスを調整するだけでなく、ケアマネージャーや看護師といった他部門のスタッフとの業務作成、後輩指導などより活躍することが可能です。

訪問介護事業においては、必ず配置しなければいけない役職なので、より有利な就職が望めます。

介護福祉士

難易度

難易度★★★★☆

介護職の中で、唯一の国家資格です。

取得制度の見直しがあり、それまで実務経験3年以上であれば無資格でも受験できていましたが、より質の高い人員を確保するため、所定の学校にてカリキュラムを履修するか、実務経験3年以上で実務者研修を修了した場合に受験ができます。

合格率

第27回(2017年)の合格率は72.1%

第26回(2016年)の合格率は64.5%

第23回(2013年)の合格率は48.2%

合格率はその年の合否数にもよるので左右されますが、おおむね50~70%です。

国家資格の中には合格率20%の難関資格もあるので、それに比べれば決して狭き門ではありません。

準備期間

介護福祉士の場合、3つの取得ルートがありますが、今回は実務経験での受験方法について紹介します。

実務経験ルートで資格取得を目指す場合は、以下2つの条件を満たす必要があります。

一つは介護などの業務の従業期間が3年(1095日)以上かつ従事日数540日以上です。もう一つは実務者研修修了です。

この2つを満たした場合に、受験資格が貰えます。受験は年1回なので、受験資格が整う前から準備(試験勉強)をしておくことが望ましいです。

将来性(オススメ度)

介護職の中では唯一の国家資格ですから、現場で働くだけでなく、現場のリーダーとしての活躍も期待できます。

さらなるスキルアップとして「認定介護福祉士」を目指したり、介護職の中で唯一のケアマネージャー試験を受験したりするための資格として認められていますから、将来性では介護職の中で最も期待できます。

仕事内容

本来の介護職としての仕事以外にも、職場内の業務調整や利用者への支援プランの立案など、より専門性のある業務を求められます。

介護サービス全体の質を上げるため、介護職員のリーダー的存在として模範的な介護技術の取得やスキルアップを心がけましょう。

ケアマネージャー

難易度

難易度★★★★★

介護保険制度のスタートと共に、福祉サービスの充実と高齢者や障がい者が安心して制度を利用できるように複雑な介護サービスと利用者をつなぐ役割を担います。

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」です。

その名が示す通り、利用者やその家族の介護相談や要介護認定の書類作成代行などを行います。

合格率

介護福祉士、看護師、医師など、限定された資格を所持している人だけが受験できます。

しかし合格率は15.5%(平成27年度)と介護関係の資格の中では最も難関資格として知られています。

準備期間

受験資格には福祉系・医療系などの各種国家資格などを所持しており、かつ資格に関する実務経験が5年または10年が必要です。

各資格を取得して、実務経験を満たしたら受験できるよう、自分で逆算して勉強を始めることが大切です。

勉強内容がとても難しいため、独学では挫けてしまう人も多いのも特徴です。そのため働きながらでも効率よく勉強するなら通信学習がオススメです。

将来性(オススメ度)

ケアマネージャーは介護保険制度において唯一の専門資格です。専門性の高い仕事であることと、より安定した給与を求めて受験を決意する介護福祉士が多いです。

仕事としての責任はとても重いですが、やりがいをもって働くには、とても働きがいのある職種です。

仕事内容

・利用者や家族からの介護相談

・要介護認定の書類作成代行

・利用者のケアプラン作成

・サービス開始後の定期的訪問

・介護保険の給付請求

・利用者ごとの介護サービス調整

この他にも細かな業務がありますが、ケアマネージャーの仕事の根本は「高齢者が安心して介護サービスを受けられるようにする」ことです。また利用者のみならず、家族の状況把握なども大切な仕事です。

目の前にある仕事だけを完璧に遂行するだけでなく、利用者や家族に対応するコミュニケーション能力やトラブルなどにも順応できるきめ細やかな対応力などが求められます。