ケアマネジャー

ケアマネジャーの仕事や給料、求人状況などについて詳しく知りたいcaremanager

ケアマネジャーとは・・・

介護保険制度の導入に伴い、医療・福祉・保険の各分野のサービスを総合的に効率よく提供する介護支援サービス(ケアマネジメント)において、介護支援サービスを提供するための最も重要な仕事を行う支援専門員のことです。

ケアマネジャーは介護支援専門員という名称の通り、介護支援を必要とする利用者やその家族に対して介護支援サービスを提案したり、サービスを受けるために必要な要介護認定を行ったり、給付管理業務を行います。

これらの業務を行うためには、福祉・医療に対する知識だけでなく、制度を熟知した上での倫理感や仕事に対する高い意識を持つことが求められます。

その上で、利用者と家族の立場に立った相談と援助の高い技術が求められるのです。

求人状況

現在のケアマネジャー求人状況は、介護保険導入時に比べるとやや横ばいの印象を受けます。

横ばいの理由については、ケアマネジャーの資格取得条件に通じるものがあります。

例えば介護福祉士や看護師などがケアマネジャーを取得すると、施設内で異動してケアマネジャーとして従事することも少なくないのです。このようなケースがあり、新規採用は他の職種に比べるとやや少ない印象です。

そのため、受験するのなら現在働いている職場でケアマネジャーとしての採用が可能か、またはケアマネジャー業務を実際に行え、経験を積むことができるのか確認しておくといいでしょう。

もちろん新規採用の求人が全くないわけではありません。

合格率が低いケアマネジャーは福祉業界にとっては重要な職種であることから、就職は有利といえます。

気になる給料は?

A施設

月給22万~23.5万(正社員・未経験者可)

B施設

月給28万~30万(正社員・条件:施設管理者を兼任)

C施設

時給1,391円~1,892円(非常勤)

D市

月給20.7~24.7万円(非常勤嘱託職員)

施設や勤務状況によって差はありますが、おおむね月給なら22万前後~。時給も1200円以上が支払われています。

土日は交代制、早番や遅番対応があるなど、利用者に合わせた勤務形態を取っているところもあります。

気になる求人ですが、やはり介護業界は人手不足ということもあり、多くの求人を見つけることが出来ます。

責任ある仕事ではありますが、やりがいのある仕事です。

ケアマネジャーになるには介護支援専門員実務研修受験試験を受験する

ケアマネジャーになるには、一定の資格と一定の実務経験を満たさなければ受験資格を取得できません。

受験資格などは次の通りです。

1、法定資格(実務経験5年)

保健・医療・福祉に関する以下の法定資格に基づく業務に従事した期間が5年以上

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士

2、相談援助業務(実務経験5年)

以下の施設等において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談対応や、助言・指導等の援助を行う業務に従事した期間が5年以上

・老人福祉施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設

・老人デイサービス事業、障害者自立支援法に基づく共同生活介護

・福祉事務所(ケースワーカー)

・医療機関における医療社会事業 など

3、介護等業務(実務経験5年または10年)

以下の施設等において、要介護者等の介護・介護者に対する介護に関する指導を行う業務に従事した期間が、

① 社会福祉主事任用資格者や訪問介護2級研修(ホームヘルパー2級)修了者なら5年以上、

② それ以外であれば10年以上

・介護保険施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設

・老人居宅介護等事業、障害者自立支援法に基づく居宅介護 など

勉強方法は

ケアマネジャーは介護保険制度の元に保健・医療・福祉の分野を総括した支援員です。

介護支援サービスだけでなく、給付管理業務、要介護認定業務なども行います。つまり利用者の生活の一端もしくはすべてを担うことになります。

そのため制度を熟知した上で、利用者にとって適切なサービスを提案する責任が発生します。

支援員とは何かをしっかり理解した上で学習を進める必要があるのです。

しかしいざ勉強をやろうとテキストを用意しても、テキストの厚さにやる気をそがれてしまう人も多いです。

やらなければいけないのもわかっていても、テキストには難しい用語が並び、おまけに制度や法律に至るまで勉強しなければいけないと思うと重い腰がさらに重くなりますよね。

勉強をどうやって始めればいいのか、戸惑ってしまう人はとくに出題傾向を先に調べておくといいですよ。

毎年、出題数が受験要綱の中に公開されていますので、これを参考に勉強するペース配分を決めましょう。

なお、平成29年度東京都介護支援専門員実務研修受講試験での出題数は60問(介護支援分野25問、保健医療福祉サービス分野35問)となっています。(必ず受験する都道府県で確認をして下さい)

以前は所持資格に応じて、免除される項目がありましたが、現在は受験者全員が全問受験です。

免除の項目はなくなりましたが、所持資格や知識に応じた得意分野と苦手分野をしっかりと分けて勉強すると効率よく勉強ができます。

まずは得意分野で勉強のペースをつかみ、それから苦手分野へと着手してみて下さい。

どうしても勉強が進まない!そんな時は?

一人では勉強が進まない!

どうやって勉強したらいいのかわからない!

テキストを開くと5分で眠くなる・・・

ケアマネジャーは合格率20%未満の難関試験です。きちんと勉強しなければ合格できません。

しかし自分で勉強するというのはとても大変なことです。

そんな人は通信講座を利用して勉強すると、勉強の効率が上がります。

通信講座は基礎知識だけでなく、試験の傾向と対策についてしっかり研究したテキストを使い、試験を想定した勉強が行えるメリットがあります。

また仕事と並行して勉強をしなければいけない人の悩みを解決するために、毎日少しずつ勉強ができるように短時間での勉強プランを提案してくれるなど、その内容は通信講座によって異なります。

ご自分のライフワークや希望する勉強スタイルに合った通信講座を選ぶことがスムーズに勉強を進めるためには必要なことです。

実際に合格したAさんの勉強方法とは

介護福祉士として、施設に勤めるAさんは三交代勤務を行いながら、ケアマネジャーに見事合格しました。

その勉強方法は試験より1年前に始める決意をしました。受験するために必要な勤務日数を満たし、いざ受験勉強です。

まずは本屋でケアマネジャーの試験対策テキストを購入。一冊2000円でした。

しかし高い値段を払ったにも関わらず、Aさんの勉強は想像していた通りには進みません。

文字数の多さ、内容の難しさに、思うように理解できず、テキストを開いては閉じるという時間だけが過ぎていきました。

このままではいけないと、仕事をしながらでも受講できる通信講座を選びました。

最初は、勉強のとっかかりがつかめれば、と思っての受講でしたが、届いたテキストはAさんが本屋で購入したテキストよりも読みやすい印象を受けました。

そして毎日、短時間での勉強計画が立てられたので、仕事を続けながらでも想像していたよりスムーズに勉強を進めることができました。

勉強が進むと、自分で購入したテキストも自然と活用できるようになりました。

試験まで3か月になると、過去問を繰り返して解きました。

自分の苦手な分野はとくに念入りに勉強をするように心がけ、得意分野は確実に点数が取れるようによりしっかりと勉強をしました。

残り一カ月は、苦手分野を中心に、添削問題を繰り返して解きました。

その甲斐あって、Aさんの地域の合格率はわずか17%しかなかったにも関わらず、Aさんは一発合格できたのです。

大切なのは、勉強のペースをつかみ、コツコツと勉強することです。

一般的なテキストでも、通信講座なども、自分に合った方法を選ぶことが合格への近道です。

受験を決めたら、計画的にしっかりと勉強することが大切なのです。

参考・引用

公益財団法人東京都福祉保健財団

介護保険最新情報(厚生労働省PDF資料)

給与情報はハローワークのオンライン一覧情報を参照しています。