介護の仕事に携わるには、介護サービスを提供している施設などに就職しなければなりません。

施設の種類は、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設、通所介護、訪問介護、グループホーム、リハビリテーション施設などがあります。

ではこういった施設で働く介護福祉士になるにはどうすればよいのでしょうか?

また介護福祉士の仕事内容はどういったものなのでしょうか?

ここでは介護福祉士の業務内容や資格取得など、介護福祉士についてご説明してまいります。

介護福祉士の仕事とは?

基本的な業務

介護福祉士は高齢者などの利用者(もしくは患者)の身体的もしくは精神的なケアを行うことができる専門家です。

食事、排せつ、移動などの生活介助を行います。

安全に、清潔に、そして相手の自尊心を傷つけないような、細やかなケアが求められます。

しかしながらすべてを介護者で行うことはしません。安全に注意しながら自分でなるべく行えるように介助や見守りをします。寝たきり予防を行うのも介護福祉士の大切な仕事です。

日常動作の介助以外にも体操、レクリエーションや余暇時間の提供も行います。

ほかには事務的な業務として、日誌や日報などの制作、利用者個人に対するケア計画の立案、業務の申し送りなどを行います。

施設によっては独自のケア理論を定めているところもあるので、その方法を学ぶために、定期的に研修などを受けることもあります。

介護福祉士と介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー)の違い

一般的な高齢者向けの介護施設とは異なる介護職としての仕事があります。

それは「訪問介護」です。

以前はホームヘルパー2級(訪問介護員)という認定資格を取得すると訪問介護員として仕事ができました。

しかし、訪問介護としての仕事と介護福祉士としての仕事の境はとても曖昧で、ホームヘルパー2級を持っていれば介護施設などに就職することができました。

現在はホームヘルパー制度は廃止され、介護職の入門資格として「介護職員初任者研修」が取り入れられています。

現場において介護職としての仕事内容には大きな違いはありません。

しかし国家資格である介護福祉士と、認定資格である介護職員初任者研修では昇進や役職などに大きな違いが出ます。

給与体系にも差が出るので、介護職員として長く働くなら、介護福祉士を取得した方がいいでしょう。

訪問介護とは?

在宅にて生活をしている高齢者の元へ行き、自宅の浴室を利用した入浴介助や排せつ、食事介助、体操など、訪問看護では手の届きにくい介護部分のケアを行います。

実際に介護のプロが家で介助する様子を見て、家族の方が介護方法を学べるメリットがあります。

また家族では分かりにくい、在宅介護のデメリット部分をケアマネージャーに指摘することで、違った目線でのサービス提供を提案することが可能です。

家で介護をするのは、とても大変なことです。この大変さを実際に家に伺うことで知り、プロとしてアドバイスができるのが訪問介護の最も大きな特徴です。

介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格には、大きく分けて3通りの方法があります。

1つ目は福祉系高校で勉強をして、受験する方法です。条件によって筆記試験に合格後、実技試験を受ける必要があります。

2つ目は高校を卒業後に指定された養成施設に入学をして、必要なカリキュラムを履修する方法です。この方法は実技試験が免除されます。

3つ目は多くの介護職が目指す「実務経験3年以上」で受験資格を貰える制度です。以前は筆記試験合格後に実務試験に合格をすれば資格が取得できていましたが、今はこの制度が大きく変更されました。

「実務経験3年以上」だけでは受験できない

介護福祉士を目指す人にとって、学校などに行かなくても実務経験を積めば受験資格を取れる制度は、人材確保という意味ではとても合理的でした。しかし現在は実務経験に加えて「実務者研修の受講」が必須となりました。

指定された場所での介護実務研修を受講しなければ、受験できないのです。

新しく導入された制度そのものには賛否がありますが、介護職をよりプロフェッショナルにするため、質の良いケアを提供する人材を育成するため、ただ働いて日数を稼げば受験できるという甘さを改めた制度ともいえます。

試験に新たに加わったポイント

それまで介護の歴史や、法律、介助方法など、介護に関する問題だった介護福祉士試験ですが、新しく「医療的ケア」が追加されました。

医療というと、とても難しい分野のように思えますが、実は介護と医療は密接に関係しています。

それまで医療的行為とされていた痰の吸引=喀痰(かくたん)は、医師の指導のもとであれば介護福祉士も行える行為となりました。

喀痰行為では人の鼻や喉に専用のチューブを挿入します。実際に研修で習う以外にも、知識として知っておかなければいけない問題について触れています。

現場では必ず必要な知識ですので、しっかり勉強しておくことが大切です。

受験の難易度

国家資格である介護福祉士の難易度はどの程度なのでしょうか。

実務経験で受験した場合、以前は筆記試験に合格したのち実務試験に臨みました。

実務試験では麻痺などを持つ患者(利用者)役に対して、指定されたケアを行います。プロとしての声掛けから安心安全に基づいたケアが行えているかを確認するため、実務経験を持つ人にはとても良い試験でした。

しかし今は実務試験が廃止され、介護実務研修を450時間履修する必要があります。実務経験で試験に挑戦する人の多くは、仕事をしています。

不規則勤務をしながら研修時間を確保しなければいけないので、受験が容易ではないと感じる人が多く、そのため以前よりも受験に対する難易度が上がったと言えるでしょう。

合格率は

筆記試験・実技試験では、合格条件が決まっています。28回介護福祉士国家試験の合格基準によると

1 合格基準
(1)筆記試験の合格基準 次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 総得点120点に対し、得点71点以上の者(総得点の60%程度を基準 とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
イ アを満たした者のうち、以下の「10科目群」すべてにおいて得点があっ た者。

  1. 人間の尊厳と自立、介護の基本
  2. 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  3. 社会の理解
  4. 生活支援技術
  5. 介護過程
  6. 発達と老化の理解
  7. 認知症の理解
  8. 障害の理解
  9. こころとからだのしくみ
  10. 総合問題

(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

(2)実技試験の合格基準 筆記試験の合格者のうち、次の条件を満たした者を実技試験の合格者とする。総得点100点に対し、得点46.67点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した。)。

引用ページ:公益財団法人社会福祉振興・試験センター介護福祉士国家試験ページ

国家資格の中では合格率数%と呼ばれる試験も存在します。それを考えると60%は決して低いとは言えないでしょう。

試験問題の内容は?はどういうもの?

筆記試験

介護福祉士試験では問題に対して答えが5つ並んでいるのでその中から正答を1つ選びます。

問題を最後までよく読み、正しい答えを導き出します。

介護福祉士試験では前年までの出題方法が予告なく変わった年がありました。(現在の出題方法に変わった年です)

それまでの回答方法と異なる方法だったため、いざ問題を開いた受験者が戸惑い、その年は合格者の数が前年に比べて落ちました。

このような出題方法の変更はまれなことですが、出題方法に関係なく正答を導き出す勉強が必要です。

実務試験

現在は一部の受験者のみが対象です。

受験者は、問題が書かれた用紙を読むことに始まります。用紙を読める時間は決まっています。また用紙を持って退出することもできません。

用紙には試験で実際に介助する内容と、対象となる利用者についての情報が書かれています。また部屋の見取り図もあります。

そして1枚の紙に書かれた情報をすべて覚えて、試験に臨みます。

実際に出題された過去の問題を紹介(記載方法は異なります)

△ベッドに利用者が仰臥位(仰向け)で待っている。利用者が介助者をコールして呼ぶ設定。

△利用者は左麻痺、立ち上がって移動は手すりを持てば可能。言語障害はあるが声かけに対する理解力はある。

△ポータブルトイレがベッドとは反対側の場所に置いてある。

△利用者をベッドからポータブルトイレに座らせる。

△トイレットペーパーを渡す(真似)。

△用が済んだら立ち上がり、ズボンを戻して、ベッドに仰臥位で寝かせる。

ここまでを行います。あなたなら、どのように介助しますか?

実は実技試験そのものには実は正答はありません。実際にポータブルトイレの設置向きについては色々な置き方をした受験者がいましたが、それによる合否は問われていません。

大切なのは、利用者に安全・安全なケアを提供できることです。

この場合、利用者をベッドのふちに座らせてから、ポータブルトイレを持ちに行く行為は転落や転倒の危険があるのでダメですね。

また排せつ介助なので、プライバシーの配慮を行うことも忘れてはいけません。実際にはなくても、トイレに座った利用者にタオルをかけてあげること(フリでも良い)も配慮になります。

また利用者自身ができることを積極的に行えるような声掛けも必要です。

答えのない試験は、応用性が求められる介護現場そのものです。臆することなく想像力を働かせ、今まで勉強してきた介助方法を駆使して、実習通りに臨んでください。

最後に

介護はとても大変な仕事です。離職も多いため現場は慢性的な人材不足に悩んでいます。

しかし、利用者の笑顔や、利用者のできなかったことができるようになった時の達成感などは計り知れないほどに大きいです。

多方面のケアが求められるので、必ずやりがいが見つかる仕事でもあります。大変でも、これほど素晴らしい仕事は他にないのではないでしょうか。

あなたの笑顔を待っている利用者は必ずいます。志を高く持って、ぜひ介護福祉士を目指してください。