介護福祉士の勤務形態

介護福祉士として働くとき、やはり気になるのは勤務形態です。

交代制勤務があるのは知っているけど、実際にはどのようになるの?

準夜勤と深夜勤の違いって?

正社員とパートではそもそも仕事が違うの?

介護福祉士として働く前に知りたい、気になる介護福祉士の勤務形態のあれこれを調べました。

勤務形態を知る「雇用形態の違い」

介護福祉士も一般的な会社と同様に正規雇用(正社員)・非正規雇用(有期契約・パート社員・派遣労働者)に分かれます。

ただ介護職の特徴は、非正規雇用であっても正規雇用であっても仕事内容にはそれほど大きな違いがなく、正規雇用と非正規紅葉が同じ交代制勤務を行っているところがほとんどです。

では雇用形態での大きな違いは何でしょうか。

それは雇用そのものの状態です。そもそも事業主と結ぶ雇用契約に、大きな差が出るのです。

正規雇用の場合

賞与やキャリアアップ、退職金制度があります。

事業所の中では介護福祉士を所有している人のみに正規雇用を限定している場合もあります。

非正規雇用の場合

非正規雇用では正規紅葉のような制度は利用できません。

また会社との契約更新が行われなければ、翌月から仕事を失うリスクもあります。

どんなに介護業界が人材不足といっても、人の命に関わる仕事なので事業者側が不適合と判断した場合は、契約更新を行いません。

介護福祉士は特別な仕事に従事することもある

施設によっても異なりますが正規雇用の介護福祉士は担当する利用者に対してケア方法を立案するなど、カウンセリング業務を担うことがあります。

しかしカウンセリングに必要な理論などを学ぶために講習会などに参加しなければならないため、正規雇用者でかつ介護福祉士に限定している施設が多いです。

このようなキャリアアップに対するフォローアップを全面的に行ってもらえるのも正規社員のメリットと言えます。

では非正規雇用は本当にデメリットなのでしょうか。

いいえ、介護職においては捉え方によって雇用形態はメリットのなる場合もあるのです。

非正規雇用で上手に働くには

介護現場の慢性的な人手不足をあえて逆手に取り、非正規雇用で働く人も多いです。

例えば、介護福祉士を持っていても子どもが小さく夜勤などの交代制勤務を行えないといった、家庭などの事情により勤務形態を変更したい人はパートなどで勤める方が良いこともあるのです。

正規雇用はよほどの理由がない限り、交代制勤務に従事することを求められます。

事情によって交代制勤務に就くことが難しい場合は、仕事を諦めなくても、非正規雇用として自分の希望する時間で働くことが可能です。

非正規雇用でも有資格者や経験者に対しては、時給の単価UP、正規採用への推薦など、実はメリットも多いです。

介護現場を支えているのは、正規雇用だけでなく、このような働き方を選択する非正規労働者もいることを忘れてはいけないのです。

未経験OK・家近・週3日勤務・高時給・・・。

無資格・未経験から介護士への就職を目指したい方。

働きながら0円で介護資格を取得したい方。

介護専門求人サイト~かいご畑~をチェック!

勤務形態を知る「交代勤務について知りたい」

実際にどんな仕事を行うのか、詳しく紹介します。(3交代の場合)

日勤

朝~夕方までの一般的な勤務帯での仕事です。

主な仕事は夜勤からの申し送り、入浴介助、昼食介助、排せつ介助です。日勤者はその日のリーダー役を務めます。

早出(早番)

早出(早番) 早朝~昼過ぎまでの勤務です。

夜勤者と一緒に利用者が起きる時間から介助に入ります。朝食介助や午前中のケアがメインです。

遅出(準夜勤)

昼過ぎから深夜前までの勤務です。

日勤者と一緒に午後のケアを行い、日勤が終了してから夜勤者が来るまでの間を担当します。

主に夕食介助や、利用者が寝るまでの用意などを介助します。

夜勤(深夜勤)

深夜から翌朝まで勤務します。

基本的には詰所にいて、トイレなどのコール対応を中心に行います。

勤務体制によっては一人で対応する場合もあるので、利用者のことをしっかり把握しておく必要があります。

施設によっては、遅番(準夜勤)と夜勤(深夜勤)を一回の勤務として2交代制を取り入れているところもあります。

このほかに利用者の状況に応じて、勤務時間をずらして対応することもあります。

これら勤務形態に対して、先ほど述べた雇用形態での違いはほとんどありません。むしろ仕事中に利用者に対して、区別する方が難しいでしょう。

どのスタッフも、利用者に対するケアについては、同じだけ動けることが望ましいです。

そのため非正規雇用であっても介護ケアに関する講習会などには定期的に参加して手技を磨く努力を怠らないようにしましょう。

まとめ

介護に関しては、正規雇用、非正規雇用に関係なく現場では同等の仕事量が求められています。

それにも関わらず給与や待遇に差を出すのは、これから先の介護労働者を確保するにはとても脆い雇用形態だと指摘する専門家もいます。

介護職は国家資格を持った正規雇用であっても一般職に比べれると給料は低いです。

それでも介護労働者が頑張って働いているから、今の介護現場は踏ん張っていられるのです。

勤務形態を知ることで現場への理解を深め、仕事に臨むことがまず大切なのです。

未経験OK・家近・週3日勤務・高時給など。

無資格・未経験から介護士への就職を目指したい方。

働きながら0円で介護資格を取得したい方。

介護専門求人サイト〜かいご畑〜