介護職員実務者研修

介護職員実務者研修てどんな資格?

平成25年度から介護の資格制度が新しくなりました。

それまではホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修など介護に関する資格がいくつかありましたが、これらはすべて廃止となり、新たに「介護職員実務者研修」が介護資格としてスタートしました。

それまでのホームヘルパー1級などに相当する資格なので、すでに資格を持っている人は新たに取得する必要はありませんし仕事にも影響はありません。

しかし介護職に従事したいが、資格を持っていない人は、仕事を始める前に資格を取得することが求められています。

介護は専門資格です。きちんとした知識を持ち、質の高いケアを提供するためには勉強をして、資格を取得しなければならないのです。

介護実務者研修を取得するには

介護実務者研修は介護経験の有無や、介護資格の有無などは特に必要なく、受講に必要な条件もありません。

ホームヘルパー資格などと異なる点は、家庭介護ではなく施設などで働くことを想定した授業内容になっていることです。

そのためホームヘルパー資格などに比べるとやや難しい内容となっています。

介護実務者研修を取得するメリットとは

やはり一番は就職面です。

介護職として仕事するのに、無資格のまま介護施設などに勤めることは以前よりも難しくなっています。

また仮に無資格で勤めることが叶ったとしても、必ず資格取得するように雇い主から通達があるでしょう。

無資格では給与面で、有資格者と大きな差が出ますので、就職したら早めの資格取得をオススメします。

また無資格でも人手不足が深刻な介護業界ですから、働きながらでも資格取得を応援してくれる施設も珍しくありません。

資格がない場合でも資格取得をフォローしてくれる施設を選ぶと働きながらの資格取得が可能です。

ヘルパー資格はあるけど介護実務者研修を受講したい

先ほど述べたように、各ヘルパー資格に比べて介護実務者研修は勉強の内容が難しく、資格としてもヘルパー資格よりもより専門職としての知識が学べます。

そのためより今よりもステップアップしたい人はぜひ受講をオススメします。

また施設においてサービス責任者になるには、介護実務者研修以上の資格が必要です。

つまりバリバリと働きたい人は迷わず介護実務者研修を受講するべきなのです。

ヘルパー各資格と介護職員基礎研修を所持している場合は、介護実務者研修を受ける場合はそれぞれ免除授業がありますから、勉強面での優遇を生かして資格を取得したいですね。

介護実務者研修の魅力は

介護実務者研修の最大のメリットは、国家資格の介護福祉士を取得するためのキャリアパスとなることです。

それまでは無資格でも実務経験が3年以上であれば介護福祉士の受験資格を取得できました。

しかし現在はホームヘルパーなどの既存資格を持っている人以外は介護職員実務者研修を受けなければ介護福祉士試験を受験することができません。(専門学校などでの履修を除く)

介護職員として働くならば、まずは介護職員実務者研修を履修することが望ましいです。

そして将来的には介護福祉士の取得を目指して欲しいと思います。

医療行為の有無にも差が出る

介護業界において、決して切り離せないのが「たん吸引」と「経管栄養」です。

以前は医療行為にあたるため介護職員は、対象が利用者であっても行えませんでしたが、現在は専門の講習を受け「認定特定行為業務従事者認定証」の交付を受けた上で、実地研修を修了すれば介護職員でも医療行為を行うことが出来るようになりました。

しかし介護職員が行えると言っても、医療行為には変わりませんから、きちんとした知識や技術の取得が求められます。

介護実務者研修では、医療知識や医療的ケアについての知識だけでなく、医療制度についても学べます。

また実習において医療行為(たん吸引、経管栄養)も学びますので、その後の「認定特定行為業務従事者認定証」の実地研修に進みやすいメリットがあります。

実務者研修は通過点、介護福祉士のその先を目指す

実務者研修はあくまでも働くために必要な資格と考えてください。

介護業界の資格や給与体系では、介護福祉士が一番優位です。

介護職は仕事の内容そのものではほとんど差異のない業界のため、資格一つで給与体系に大きく差が出ます。

つまり実務者研修を取得しても、それは通過点にしか過ぎないということです。

現在の介護業界において、一番は国家資格である介護福祉士です。介護福祉士は介護として働くならば絶対に取っておきたい資格でもあるのです。

また現在は介護サービスの質をさらに高めるために、介護福祉士のキャリアアップ資格「専門介護福祉士」が導入されました。

介護福祉士を取得したら終わりではなく、専門介護福祉士によってさらなる介護業界の改善やサービスの向上が期待されているのです。

このような動きの中で、介護実務者研修は介護福祉士の一歩前の資格であることを理解した上で、資格取得することが望まれているのです。

介護実務者研修の勉強方法・受講方法は?

介護実務者研修は所持資格に応じて、勉強時間(免除科目)が異なります。

受講時間は無資格者でおおよそ6カ月~、介護職員基礎研修で1か月~です。

この他にスクーリング(医療的ケア・演習など)と自習科目がそれぞれの所持資格に応じて決まっています。

受講方法は通信教育+通学です。

スクールによってはタブレットやスマホでレポート提出が出来るので、ご自身が受講しやすい特色を持ったスクールを選ぶことが大切です。